ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

ワタシワタシ詐欺

こんにちは、事務員Tです。

 

突然ですが、静岡県のオレオレ詐欺の被害件数をご存知でしょうか

月平均12件、被害額は毎月2600万円程度だそうです。

何故このような事を書いたかというと

先日私が父親に詐欺まがいの電話をしたからです(イタズラですよ)

 

事の発端は、私が夫に連絡を取ろうとしたところ

誤って父親の携帯に電話をかけてしまった事から始まりました。

すぐに間違いに気づいたのですが

「間違えた、用事はない」と言って切るのも味気ないと思い

突如オレオレ詐欺ならぬワタシワタシ詐欺をしてみよう!と思いついたのです。

 

「もしもし私だけど」

「うん」

「突然なんだけど、どうしてもお金が必要になっちゃって……、お父さん100万円ほど貸してくれない?」

「……ハハッ」

 

ブチッ。ツーツーツー。

 

早い。

切るのが異様に早い。

普段は亀のようにゆっくりなくせに……。

というか事情くらい聞いて頂きたい。

 

お父さん、携帯に私の名前が表示されたよね?

間違いなく娘からの電話だってわかったよね?

なのに切っちゃうのね。

しかも笑いながら切っちゃうのね。

容赦ないですね。

 

結論1:父はオレオレ詐欺には引っ掛からない。

結論2:そもそも娘にお金を貸さない。

 

イタズラを仕掛けた私が悪いのですが

無駄に心が傷つく結果となりました。

 

後日母親にこの事を伝えたら

「あの人は還付金詐欺なら引っ掛かると思う」

という謎のアドバイスをもらったので

今度やってみようと思います(嘘です)

 

 

 

 

人生の楽しみ

こんにちは、事務員Tです。

 

電力不足が叫ばれているこの夏ですが

弊社はクーラーの設定温度を高めにし

扇風機を併用しながら頑張っております!

 

ところで私の実家は海に近いのですが

ある時期立て続けに風車が設置されたことがありました。

 

私の風変わりな父は、なぜか工事現場を見るのが大好きなようで

毎日せっせと見学しに行っていました。

 

工事現場の人はきっと「また来た」と思っていたに違いありません。

現場の方々、やり辛かったと思います。申し訳ありませんでした。

 

雨の日以外は毎日見学に行っていた父ですが

最後の風車が完成したある日。

見学から帰って来た父が一言いいました。

 

「人生の楽しみが無くなった」

 

それを聞いた私はビックリしました。

なぜならこの時、私は出産のために里帰りしていたからです。

このセリフを吐いた父の横には

彼にとって初孫である産まれたばかりの赤ちゃんがいたのです。

 

人に興味のない父ですが

さすがに初孫は違うのでは、と期待していましたが

そこはブレずに 風車>初孫 だったようです。

 

そんな人として何かが欠落している父ですが

唯一救いがありました。

それは孫の誕生した月を覚えていることです。

 

え、それって当然なのでは……。

と皆様お思いになるでしょう。

しかし我が父にとって当然じゃないのです。

 

なぜなら彼は娘である私と妹の誕生月を

何度言っても全く覚えないからです。

 

誕生した“日にち”ではありません“月”です。

12ヶ月しかない誕生“月”が覚えられないのですから

31日もある誕生“日”など分かるはずがありません。

そこは諦めています。

 

そんな父が孫の誕生した「月」を覚えている。

これはかなりの奇跡です。

やはり僅かながらも孫には興味があるのだと思います。

 

風車の工事予定はしっかり覚えているけれど

家族の誕生日は覚えられない。

それが私の父という生き物です。

 

 

犬にもわかる、父の正体

お久しぶりです、事務員Tです。

 

ブログを毎月1回は更新をしようと心がけていたのですが

最近外国人の方が日本に自由に入国できるようになったため

ありがたい事に仕事がたくさん舞い込んできて

更新できない状況にありました。

 

まあそもそも行政書士のお仕事とは程遠いブログなので

お時間があるときに読んで頂ければ幸いです。

 

早速、今回のブログですが

我が家にワンコが来てから早半年。

片手に乗るほどの大きさだったワンコも、だいぶ大きくなりました。

 

家族の中で一番愛情を注ぎ、

面倒を見ているのは私だという自信があるのですが

なぜかワンコは私だけを嚙んできます。

 

納得がいかないので家族に理由を聞いてみると

夫「威厳がない」

娘「召使いだと思われている」

母「そもそも人間だと思われていない」

 

こんな返事が返ってきました。

 

とはいえ、うちのワンコは人間が大好きで

例え泥棒が入ってきてもシッポを振るに違いないくらい

誰に対しても好意的で吠えることがありませんでした。

 

ただ一人を除いては。

 

先日コロナが落ち着いたということで

2年ぶりに実家の中に入れてもらうことができたのですが

その際連れて行ったワンコが父の姿を見るやいなや

大きな声でワンワン吠えたのです。

 

宅配便のおじさんにすらシッポを振るワンコが、、、

散歩の最中、誰にでも付いていこうとするワンコが、、、

 

父に、敵意をむき出しにして、吠える!

 

いやぁ私、大爆笑でした。

 

動物が苦手で、ワンコに触ることさえできない母親にはシッポを振るのに

父親は近づこうとしただけで吠えたのです。

 

そういえば、我が子も2歳までは祖父である父が近付くだけで泣いていたなぁ。

としみじみ思い出しました。

(泣かれても、ごきげんを取ろうなんて思わない父です)

 

動物と子供には父の得体の知れなさが伝わるんでしょうね。

その敏感なセンサー、大切にして欲しいものです。

 

そしてつい昨日、またまたワンコが思い切り噛んできたので

ついに堪忍袋の緒が切れた私は

四つん這いになってワンワン吠え、

唸り声をあげながら歯をガチガチ鳴らしてみました。

すると効果があったのか以前よりは噛まなくなりました。

 

人として何か大切なものを失った気がしますが

この調子で頑張っていこうと思います。

 

 

 

散歩する輪ゴム

こんにちは、事務員Tです。

 

弊社の事務所は米倉先生がキレイ好きということもあり

みなさん仕事が終わると机の上を片付けて

パソコンと電話以外は何も置いていない状態になります。

 

私も先生を見習って机の上はキレイに保っております。

……まぁ……職場限定ですが……。

 

というのも、自宅に帰ると何故か輪ゴムがあちこちに出ています。

犬がいるので床には何も落ちていない状態を保っていますが

キッチンやダイニングテーブルの上でちらほら見かけます。

 

米倉先生同様にキレイ好きの夫は

「また輪ゴムが出てる! なんであちこちにあるの?」と言ってくるのですが

私にも理由がわかりません。

 

なので「夜中にタンスから出てきて散歩しているんだよ」とか

「留守中に運動会をしているんだよ」などと答えますが信じてくれません。

 

他にもボールペンやハサミなども出ている時があり

そんな時も夫は何故か私にばかり理由を聞いてくるので

「輪ゴムと一緒に遊んだんじゃないかな」と答えています。

 

何度もそんな事を言っていたら

夫もとうとう「また輪ゴム散歩してる!片付けて!!」と言うようになりました。

どうやら輪ゴムが勝手に散歩していることは認めたようです。

 

ちなみに、先日娘の宿題で尊敬している人を書くというのがありました。

「尊敬している人はお母さんだよね?」と聞いたら

「それはない」と即答されました。

 

なぜだろう。納得がいきません。

 

 

動物が苦手な母親

こんにちは、事務員Tです。

 

最近お仕事が終わると、寄り道せず急いで帰宅します。

なぜかといいますと、私事で恐縮ですが

とうとう! 犬を!! 飼いました!!!

 

以前犬を飼ったら名前は「社長」がいいと言っていましたが(詳しくはこちら

家族に猛反対をされてあえなく断念。。。

 

男の子のチワワなので「チワ太郎」にしようと言ったら

これまた反対されて断念。。。。(男らしくて良いと思ったのに……)

結局色が茶色ということもあり「もなか」という名前になりました。

 

ところで、ワンコ大好きな私が今まで飼えなかった理由は

母親が動物が(すごく)苦手だからです。

 

どのくらい苦手かというと、着ぐるみの動物ですら敬遠してしまうほどです。

なのでテレビでディズニーランドが映ると

「お金を払って何故ネズミに会いに行くのかしら」と呟いたり

 

ミニーちゃんがネコを飼っていると知ると

「いつか下剋上が起こるわよ……」と言い出したり

 

最近ではディズニーランドが新しいエリアを作っていると聞くと

「ネズミが領土を広げているわ」と真剣な顔で言います。

 

こんな母親にワンコを飼ったと伝えたところ

「同じ部屋にいることくらいは出来ると思う……」と入り消えそうな声で言い

恐る恐るといった感じで我が家にやってきました。

 

そして実際にワンコに会ったら

「アー、カワイイネー……」と棒読みで言ったあと

触ることが出来ないまま帰っていきました。

 

ちなみに母は「もなか」という名前を真剣に覚える気はないらしく

電話で「おせんべい元気?」とか「大福は寝てる?」などと聞いてきます。

 

まあそんな母には慣れているので

「だんごは元気だよ」とこちらも適当に答えています。

 

なお、変わり者で他人(身内にも)一切興味がない父が

ワンコの存在を知っているかは確認していません。

母親が伝えたかもしれないですが、伝えても忘れている可能性が高いです。

 

父は幼少時代ネコを飼っていたらしいのですが

「ネコは夕方になると目が赤く光るんだ……」などと意味の分からないことを言うので

とりあえず我が家のワンコには会わせないようにしようと思っています。